合コンで使える「トイレ行ってきます。」の5つ新しい表現方法

合コンで使える「トイレ行ってきます。」の5つ新しい表現方法

 

合コンで、どうしてもトイレに行きたくなることってありますよね。

 

元気よく大声で

「トイレ行ってきまーす!」といえる

爽やか高身長青年なら、好感が持てますよね。

女子票は、全票傾くでしょう。

 

陰湿、もっさり男のあなたは、爽男(サワオ)と同じように、

ノリと元気の良さだけでは、無視されるか、失笑されるくらいのもんでしょう。

 

そこで、クリエイティブな方法で、笑いをもぎ取って、

品位を保ちながらトイレに行く方法を考えました。

そんな方法が、、あるんです!!

あんまり同じ言い回しを使いすぎると、芸が無いと思われるので、程々に、、

 

 

お花を摘んで参ります。

 

これは、江戸時代に大流行した、女性のトイレの行き方です。

ある意味これがスタンダードなトイレに行く方法です。

山岳地帯を旅する中で、我慢できない場合に用いられた品のある言い方です。

居酒屋周辺に花は咲いているのか、、、と疑問に思われるかもしれませんが、咲いている訳がありませんよね。

 

凛とした表情で、爽やかに帰還すれば、

「お帰りなさい」と

旅に行った帰りのように出迎えてくれるでしょう。

 

 

竹を割って参ります。

遠回し過ぎて、解説が必要かもしれませんね。

正確には、

小春日和、小鳥たちのさえずりのもと、竹を割って参ります。

(オトヒメのこと)

男性トイレには、オトヒメは無いですが、

きっと、ダイレクトにオトヒメというのは、時代遅れの平成までの言い方です。

礼和時代は、「小春日和、小鳥達のさえずり」というのが、現代の最新です。

 

リバイバルというやつですね。

 

竹を割るというは、シシオドシを連想させます。

日本人は、「カコンッ」というという音に、趣きを感じます。

また、割るという表現には、河が分断されるような壮大なスケールを含めてみました。

 

そうこう長々と解説をしている間に、漏れること間違いなしです!

 

 

黒船が来航している様です。見てまいります。

 

黒船来航は、膀胱がパンパンということを表しています。

黒という色が、また大人なイメージを補助していますね。

 

他の男子が、本当に来航したかと思って、ついてくるかもしれません。

そんなときは、顎を鎖骨につけて、目線を一度落とし、改めて相手の目を見て、

 

俺の黒船が来航しているだ!ペリーがパンパンなんだ!

と伝えれば、黒船来航の意味を理解してもらえるでしょう。

 

諸刃の剣とでもいいましょうか、女子には、なかなか理解されないかもしれません。

でも、男子はこういうの大好きなので、男子の後半の伸びが期待できます。

このように、間接的に合コンを盛り上げる効果が期待できます。

 

 

 

小滝(おたき)さんが参りました。

 

あれ、もうひとり誰か来たのかな?

と、誰かを迎えにいくふりをして、こそっとトイレにいく陰湿な方法です。

ちなみに、大便は、「黒岩さん」です。

 

 

 

 

045だ。もう一度いう。045だ。

 

友達のフォロー必須です。

すかさず、

ああ、おしっこね!普通に言えよ!

 

といってもらわないと、白けます。

 

仕事は段取り8割です。

ミーティングとシュミレーションをしておきましょう。