寝れない無職の為の9つの対処法

寝れない無職の為の9つの対処法
  • 無職で寝付けない
  • 何度も目が覚める
  • 4時には目が覚める
  • 熟睡感が得れれない

という人の為に、この記事を書きました。

睡眠障害は、以上の4つのパターンに分けられるそうです。

無職だと、気が緩み、つい生活リズムが崩れます。

対策を調べてみましたので、参考にされてみてください。

 

無職で眠れない3つの原因

以下3つの原因が考えられます。

  • 不安障害
  • うつ病・躁うつ病
  • 体内時計の乱れ

です。

不安障害と、うつ病は病院での解決が望ましいです。

体内時計の乱れは、ご自身で解決できる可能性があります

 

体内時計とは?

体内時計

体内時計は、動物や植物に生まれつき持っている、時間測定装置です。

意識して正確な時間は分かりませんが、睡眠の周期や行動に影響を及ぼしています。

食事の前になると胃酸や分解酵素が準備されるのも体内時計によるものです。

体内時計の場所は、両目の後ろの視神経の裏側の視交叉上核(しこうさじょうかく)にあります。

睡眠と覚醒、血圧、体温、ホルモン分泌の24時間のリズムが作り出されています。

そして、体内時計にリズムは日光によって調整されます。

体内時計はメラトニン(睡眠ホルモン)に支配されている

  • 朝は、日光を浴びるとメラトニンの分泌が止まり身体が覚醒モードになる。
  • 夜は光が減少することによって、メラトニンが分泌して睡眠モードになる

つまり→

朝、日光を浴びない、夜にスマホを長時間見続ける事が良くない

ということになります。

朝カーテンを締めて眠っていたり、朝までパソコン画面を見続けていませんか。無職だとそういう生活になりやすい環境かもしれません。

 

無職でも眠れる10個の方法

眠れるフクロウ

朝、網膜から、強い光を取り入れる

最悪外にでない人でも、

太陽の強い光りを見るだけでも、体内時計がリセットされるそうです。

もともと、体内時計は25時間設定で、地球の自転が24時間周期なので、1時間のズレがあります。ほっておくと、どんどん夜型になるのは、当たり前の様です。

日光で、メラトニン(睡眠ホルモン)の分泌がストップし、13~16時間後にメラトニンの分泌が再開します。

 

朝のリズム運動で、夜メラトニンを出しやすくする

リズム運動は、ウォーキング、ダンズ、水泳などのことを指します。リズム運動(有酸素運動)は脳内でセロトニンが分泌されて、セロトニンが代謝されてメラトニンになり睡眠がスムーズになります。運動の時間は20分程度でいいそうです。

 

カフェイン断食で夜の覚醒を断つ

カフェインを摂取すると身体が覚醒して寝れません。カフェインの半減期が4時間なので、寝る8時間前に飲んでも、4分の1は体内に残っています。

リポビタンD、デカビタ、リアルゴールド、オロナミンC、レッドブル、コーヒー、ココア、などは、カフェインが含まれるので、なるべく飲まない方が良いです。

カフェイン大好きな方でも、カフェインドリンクは1日3杯までくらいにしないと、身体の覚醒は抜けないでしょう。

 

特にスマホは、太陽並みの覚醒効果がある。

スマホや、パソコンやテレビからはブルーライトが発せらていて、覚醒作用があります。寝る2~3時間前には止めた方がいいです。

特にスマホは目と画面の距離が近く覚醒作用が強いです。スマホは太陽と同じくらい覚醒効果があるそうです。

まだ、距離が遠い、テレビの方が良いです。寝る前は、部屋を暗くして、読書や、

 

寝る前に、消化に悪いものを食べない。

脂っこいものは、消化に時間がかかり、消化にエネルギーが使われます。すると、睡眠の方にエネルギーが行かなくなり、睡眠の質が落ちて、身体が落ち着かなくなります。

 

興奮することをしない

熱いお湯の入浴、筋トレ、アルコールや、タバコなども覚醒作用があります。

格闘技の動画や、スケベな動画もよろしくないです。寝るどころではないですからね。

チーターの睡眠

ストレスを貯めない・考えない

ストレスを溜めると、だんだんうつ状態になります。うつ状態の人は、睡眠障害の傾向があるそうです。

常にストレスを貯めていると、興奮状態で、睡眠モード(副交感神経優位)になりにくいです。

就職や人間関係などのことを考えないことが必要です。考えないって、でも難しいですよね。なので、考えない方法として、以下の2つの方法があります。

  • 息に集中する。「吸うときに1、吐くときに2」を繰り返す。
  • アリス式睡眠法(目をつぶっって、ウサギを想像して追いかける、するといつの間にか夢のなかに行っている)

ようは、ストレスの原因になることを考えないことが大切です。別のことで思考を埋めることができれば何でもありです。

 

昼寝は30分以上はしない

長くても昼寝は30分までで、15時までにするとよいです。メラトニンの分泌が狂うので、夜ねれなくなるそうです。

 

nekomu

寝ることを諦めてみる

調べているなかで、日本人の3人に1人は不眠症らしいです。結構多いですよね。なので、悩み過ぎるのもの変です。

悩みすぎて、寝れない事がストレスになって寝れない方もいるそうです。そういうときは、眠る事を諦めて、目をつぶって横になるだけでも、人間の身体は回復しているらしいです。そうして、諦めたら以外と眠れているかもしれません。

 

結論は、専門家に相談してください。

人によって、状況は、個別具体的です。年齢、性別、精神病があるか、何年続いているのか、睡眠薬を飲んでいるか、など、人によってバラバラです。

上で書いた解決策は、ごくごく一般的なので、最適ではないかもしれません。

ひどい睡眠障害の場合はには、お医者さんにみてもらうとよいです。