【図解】無職とニートの違い

【図解】無職とニートの違い

無職とニートの違い

図の通りです。

無職とニートの違い図
無職:一定の職業のないこと。無職業。「住所不定、-」
無職は職業がない人全員です。

学生も主婦も高齢者も職業がなければ無職です。別に恥ずかしいことではありません。

そして、無職はニートを含みます。

ニート
  • 職業がない人
  • 15歳~34歳
  • 通学・家事もしていない者
  • 学籍はあるが、実際は学校に行っていない人
  • 既婚者で家事をしていない人
  • 「働ける能力」と「働く意思」の有無は関係ない

無職の定義

広辞苑では

一定の職業のないこと。無職業。「住所不定、-」

となっています。

現在、無職の私としては、「住所不定、-」が、広辞苑にイジられてる感があって気持ち良いです。は。最後の「-」は何でしょうね。使い方の例でしょうか?広辞苑め。「ぶしょく」の方の無職になったりましょうかね。

無職の定義については、詳しくはこちらの記事で図解しています。

図解・無職の定義【ひと目で分かる】

ニートとは

ニートは若年無業者のことを指します。

Not in Education, Employment or Training」からNEET頭文字を取った略語です。「教育、雇用、訓練も受けていない。」という意味になります。

文部科学省ホームページによるニートの定義です。

「非労働力人口のうち、年齢15歳~34歳、通学・家事もしていない者」

  1. 学籍はあるが,実際は学校に行っていない人
  2. 既婚者で家事をしていない人         を追加。

となっています。

非労働力人口は、15才以上で「働いている人」と「働く意欲があって就活や起業準備など活動をしている人」以外のすべての人

労働力人口とは:15歳以上の人口のうち,「就業者」と「完全失業者」以外の者です。要は、働く意思や能力関係なく、仕事を持っていない人のことです。労働力調査用語の解説

完全失業者とは:以下の3つの条件を満たした人です。

  1. 仕事がなくて調査週間中に少しも仕事をしなかった(就業者ではない。)。
  2. 仕事があればすぐ就くことができる。
  3. 調査週間中に,仕事を探す活動や事業を始める準備をしていた(過去の求職活動の結果を待っている場合を含む。)。労働力調査用語の解説

「働けない人」もニートに含む?

厚生労働省のニートの定義には、「働く能力がなくて働けない人」もニートに含まれます。非労働力人口には、 働く能力がなくて働けない人 も含まれます。

これは、該当する人からすると、もどかしい問題だと思います。病気や特別な事情があって、働けないのに、「甘え」や「怠け」と言われているような感覚になります。

35歳以上のニートの呼び方は?

中年無業者(若年無業者の年齢要件を35~44歳にしたもの)

貧困・格差の現状と分厚い中間層の復活に向けた課題より

厚生労働省のニートの定義によると、34歳がニートの定年退職、任期満了日ということになります。35歳以降は、「中年無業者」という呼び方があるようです。若年無業者がそのまま年齢を重ねると中年無業者になります。45歳以降は今の所見当たりませんでした。

ニートの記念日

2ニー10日とされています。

この日に生まれた人は、別にこの日を気にせず堂々と胸を張って生きていって欲しいです。「お前に言われなくても」って感じでしょうけど。