無職男子が恋愛する5つのメリットと4つのデメリット

無職男子が恋愛する5つのメリットと4つのデメリット

失恋しても、お腹は空きますし、

失業しても、お腹は空きます。

失業も失恋も経験した私ですが、それでも誰かを好きになるもんです。人間の欲は、恐ろしいものです。

無職が恋愛をしていいかどうか迷っているのではないでしょうか。

苦虫をスルメのように噛んでいる私ですが、恋愛の辛さと失業の辛さはまた別格です。そんなこと言っている暇があれば恋愛するより働けって思いますよね。

実は、私もそう思うのですが、走り出した足は止まりません。恋は止まらないのです。

 

 

無職男子が恋愛するメリットとデメリット

LINE社が記事によると約4割の女性が「絶対にありえない」という結果になりました。

男女200名に聞いた「無職の異性でも恋愛対象になりますか?」

逆に6割の女性は「無職でも条件が揃えばあり」ということになります。

ポイントは、「結婚」ではなく「恋愛」という言葉です。

結婚であれば重たいラベル「無職」ですが、「恋愛」においてはワンチャンあるようです。

データが200で、年齢などのデータがないので、誰にでも該当する訳でなさそうですが。

 

 

無職で恋愛する5つのメリット

無職のメリット
無職のメリットですMessan EdohによるPixabayからの画像

結婚相手として見られないから、お互いに気楽

女性の多くが「まさかあんた無職で結婚しようなんて」と思っていることでしょう。

男性の方も、無職で結婚は茨の道だ。と思ってなかなか結婚までは意識しません。

すると、2人の中では、「一時的な関係」として無理のない関係性を気付くことができます。

コレだけ気が楽だと、お互いにまんざらでもなくなっちゃって、「結婚しようか。」なんてね。

「無職」→「定職に付く」は、逆ギャップで好印象になる。

第一印象が「だらし無い人」であれば、チャンスです。だらし無い第一印象でも興味を持ってもらえるという事は、職業やステータスで人を見ていない女性ということになります。

はじめに印象がどん底で、そこから「真面目に頑張って働く人」になれば、ギャップで好印象になります。女性も「私の目に狂いは無かった」と大満足でしょう。

この様に、真面目な人ほど、無職に期間中に恋愛が後の好印象を生むメリットになります。

 

 

失えるものがないから失いようがない。喪失感がない。

既に無職には、お仕事がありません。なので、大抵のことは、かすり傷になります。

恋愛に没頭して失恋したとしても、そんなに凹む必要はありません。

何もない事が明確になるだけですからね。0が0になっただけです。かすり傷すらありません。卑屈になりがちな無職期間で、失恋まで経験することができれば将来有望ですらあります。大抵の困難は乗り越える事ができる鉄のメンタルが出来上がります。

 

転職の自信になる。

上記の通り、無職には何もないです。無敵である一方で、土台がないので、宙ぶらりんの状態です。人によるんでしょうけどね。転職期間中は不安で自分に自信がないですよね。ココくらい受かるだろうって思って面接に行くと、落ちていたりします。

でも、そこで彼女がいれば、「ほら、自信だしな」と背中をおしてくれる、、はずです。

転職への弾みにもなります

 

 

相手の都合いつでも合わせる事ができる。

無職は時間だけは持っていますからね。LINEも5秒のレスポンスです。休日も合わせる事ができます。相手のためだけに自分が存在しているような感じです。バカなこと言ってないで、働けってな。

 

 

無職で彼女を作る4つのデメリット

無職のデメリット
Photo by Ashley Jurius on Unsplash

彼女の仕事の愚痴を聞けない

言い辛いでしょうし、聞き辛いでしょうよ。お互いに。

「お前に私の気持ちが分かるか!」と働いていないメンズは、気持ちが分かりません。わかろうとすることはできますが、実際に働いていないので、アドバイスも共感もできません。

相手もそれを察して、愚痴を言えなくて、不満が貯まるかもしれません。

 

 

デートは贅沢できない

イオンモールのフードコートや、公園のベンチ、イルミネーション、花火、水風船、おままごと、花見、散歩ぐらいでしょう。「特別な物はいらない、君さえいれば」と思っているのは男子だけで、女性は、「たまには外食でもしたいなぁ。」と思っていることでしょう。

お金の事が頭をよぎって全然デートに集中できません。本当は、SUVとかで代官山の夜景でも見に行くかってドライブデートにでも誘いたいですよ。このもどかしさは、無職が悪いです。稼ぎましょう。

 

仕事探し・勉強・スキルアップの時間がなくなる

人生は仕事だけはないですが、仕事をしないと食えないですからね。急に現実に引き戻しますが、実はこれが、一番のデメリットだと感じています。そして、このデメリットがあるからこそ恋愛に踏み切れないのではないでしょうか。

ですが、私は恋愛することを、それでもオススメしたいです。特に20代であれば仕事が無くても、「若さ」という武器を存分に振う事ができるからです。現在僕は26歳ですが、全然持てません。もし30代40代になるほどに、恋愛なんてやってる場合じゃないとなります。行けるうちに行くというのも一つの考えで花でしょうか。

もちろん、働かずにずっとイチャイチャしてるのも問題ですから、バランスも大事です。

結婚したくなっても、ハードルが高い

恋愛から結婚となると急にハードルがあがります。↓参考までに

無職男子がプロポーズするときに考える4つの要素

 

参考までにデートの記事を載せておきます。

年下女子から「冷たいさようなら」を食らった、26歳無職のピュアな体験