無気力の無職が元気をもりもり取り戻すアイディア7選

無気力の無職が元気をもりもり取り戻すアイディア7選

無職期間が長引くと必然的に、無気力になりますよね。

特に、ある程度貯金があったりすると焦ることもなく無気力になりますよね。

なんとなく、ぼーっとしていると1日が終わっているということがあります。

この記事では、無気力の無職が活動する為のエネルギーを得るためのアイディアを7つ紹介しています。

 

無気力の方は必見です!

無気力の無職から、気力をもりもり取り戻すアイディア7選

誰かに会う

ちょっとテンションが上がる人に会う

これが、一番です。気の合う友人や、すきな人、居心地のいいヤツ、などなど、会うとなんとなく充実する人がいると思います。そういう人と会うと自然と笑顔になって、充電できたような気がします。無気力も吹っ飛びます。

 

散歩してみる

家でゴロゴロしていると、筋力を使わないので、自然と無気力になります。筋力を使わないということは、省エネで良い反面、エネルギー消費が大きなことに立ち向かう場合に対処できなくなります。

散歩をすると、いろんなことに気づけます。猫が日向ぼっこしてる、看板の人がきれいだ、面白いキャッチセールスに会った、建築現場で若い兄ちゃんが叫んでいる、と。

そういった、当たり前の景色から刺激を貰うことができます。なんか、兄ちゃん頑張ってるなぁとか、看板の文章面白いなぁ、とかなります。やる気とまでは行かないですが、何かしらやってみよう!のキッカケにはなります。

 

動物や植物に触れてみる

スピリチュアルではないです。単純にいやされますからね。猫を触っているだけで幸せになれるのに、おっさんに触れるとちょっと不快になるのはなぜでしょうか。癒やされるおっさんもいるんでしょうけどね、知りませんが。

ペットショップや、ホームセンターに行くだけでも、いやされます。

人と接するのに疲れて無気力な人には、動物や植物が良いかもしれません。

お笑い動画を見る

お笑い

お笑いって凄い仕事だと思います。全く話したことがない他人を見て、なぜあんなに笑えるのでしょうか。

無気力だと、表情がなくなります。でも笑うと、「おっ、なんか今日は元気だぞ!」と少しだけ前向きになれる気がします。多少は無気力解消に良いかと思います。

「見取り図」「笑い飯」「かまいたち」「千鳥」が個人的におすすめです。

 

生活習慣を整える

無気力の原因が、「栄養不足」「睡眠不足」「生活リズムの乱れ」の可能性があります。仕事を休んで回復しているつもりが、生活の乱れによって、体調を悪くしている可能性があります。あたり前のことかもしれませんが、人間は自分に甘くしてしまう生き物なので、意識しないと、流されてしまいます。

 

病院に行く

無気力症候群(バーンアウト)や、うつ病や、慢性疲労かもしれません。ただの、怠惰ではないかもしれないと思ったら、精神科等の医療機関に診療して貰っった方が良いです。重症化すると、日常生活も困難になる可能性があるので、早めの対策をオススメします。

 

なぜ、無職は無気力になるのか?

無気力でも良い

無職は、人と会う機会が少ないから無気力になります。人間は人と接すると、元気を与えたり奪ったりしています。人との接触の仲でエネルギーを必要とします。無意識のうちに、お互いにエネルギーの交換をしあっています。

ちょっとした一言で傷ついたり、喜んだりします。言葉以外にも、たまたま目があったお姉さんの素敵な笑顔に胸を撃ち抜かれたりしてエネルギーを貰っていたりします。(なぜ、女性の笑顔はあんなにも素敵なのでしょうか。誰かぼくをハイヒールのかかとで踏んで下さい。)

人と会わないということは、エネルギーのやり取りを必要としないため、必然的にエネルギーは不要になってきます。これが、無職が無気力になるメカニズムです。

 

さて、本当に無気力は悪なのか?

無気力は悪か

本当に無気力は悪いことでしょうか?

タイトルで、「気力をもりもり」取り戻すとしましたが、無気力が良くない状態として認知されていないでしょうか。

中には、小さい頃からそんなに「やる気も気力もなかったという人」が多いのではないでしょうか。なので、無気力な人にとって、活動するだけの十分なエネルギーがあればいいのではないかと思っています。人によって必要なエネルギーが違うだけです。

 

無気力な人は、省エネで効率的な生物でいいじゃん、って思います。無職だと誰にも会わないので、無理に元気な姿を晒す必要がありません。必然的に無気力になります。

気付く方はいないと思いますが、6つしかアイディアがありません。最後の1つはあなたの中に答えがあるはずです。基本的に人に会う事で、無気力は回復できますが、人と会えない人もいらっしゃると思います。

そういう方は、自分の好きな事・興味があること、偏愛、没頭できることから初めてみると、じわじわやる気ができてきますよ。お試しあれ。