【図解】無職とフリーターの違い

【図解】無職とフリーターの違い

無職とフリーターの一番の違いは、「アルバイト・パートをしているか、もしくはアルバイト・パートを求めいるか」です。

上記の図は、厚生労働省内閣府のフリーターの定義です。

以下は、その証拠です。皆様そんな暇じゃないですからね。簡単にまとめます。

無職とフリーターの大きな違い

ポイントは、2点あります。

  1. アルバイト・パートとして働いていること
  2. アルバイト・パートを求めているか

です。無職でアルバイトを求めいる人は、「無職」でも「フリーター」でもあるということです。

 

フリーターと若年無業者の関係1

2005年の参議院の資料に掲載されていた図です。引用:増加するフリーターと若年無業者より

無職とは

一定の職業のないこと。無職業。「住所不定、-」です。

つまり、仕事がない全ての人です。私のことです。

 

フリーターとは

(自由であることを、あるいは、自由な時間を確保しようとして)定職につかず、アルバイトで生計を立てる人。イギリス英語free=自由)とドイツ Arbeiter (=働く人)とによる和製語。

一般的には、「アルバイト・パート」の収入で生計を立てている人を指します。

しかし、「厚生労働省」と「内閣府」の定義によると、「アルバイト・パートを志望する人」もフリーターに含まれます。これは、統計を取るときに分かりやすくするためと思われます。アルバイトやパートなどは、解雇と雇用が頻繁に繰り返えされるので、志望者もいずれアルバイトとして働くかもしれないし、現在アルバイトの人も、無職になるかもしれないからです。単に、整理しやすいように、しているだけで、何らかの価値観や意図はないと思われます。

内閣府のフリーターの定義

フリーターを,15~34歳で,男性は卒業者,女性は卒業者で未婚の者のうち,

  1. 雇用者のうち勤め先における呼称が「パート」か「アルバイト」である者
  2. 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
  3. 非労働力人口で家事も通学もしていない「その他」の者のうち,就業内定しておらず,希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

です。

平成27年版子供・若者白書(全体版)第4章第2節 若年無業者、フリーター、引きこもり

厚生労働省のフリーターの定義

フリーターは、15~34歳で,男性は卒業者,女性は卒業者で未婚の者のうち,以下の者の合計としている

  • 雇用者のうち「パート」か「アルバイト」の者
  • 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者
  • 非労働力人口で家事も通学もしていない「その他」の者のうち,就業内定しておらず,希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

 

まとめ

  • フリーターは一般の認識としては、アルバイト・パートとして働いている人を指す
  • 国の調査では、便宜上「アルバイト・パート志望者」もアルバイトパートとしてカウントしている。
  • 無職は働いてない人全員

 

です。数年前は、「派遣社員もアルバイト・パートに含む」という文言がありましたが、最近の資料では見られませんでした。派遣社員の増加によって、どこかしらか苦情でも出たのでしょう。

言葉は、状況によって使われ方が違いますし、内容も時代と共に変化します。フリーターという明確な定義がないのも、日本語のらしさではないでしょうか。

まじめか。