もう、すんごいHな本を4冊ほど紹介させてください、、はぁ、はぁぁ。。

もう、すんごいHな本を4冊ほど紹介させてください、、はぁ、はぁぁ。。

このページにたどり着いたということは、もう、○vide○sでは、お満足できない方だと思います。

実は、映像よりも、文学による想像、いや創造・妄想の方が、100倍スケベという統計データが出ています。(私調べ)

ただ単に文字の羅列されているだけなのに、なぜこんなにも、

  • 胸などが熱く、
  • 固く珍宝子
  • 泡を吹き
  • ちろちろ

となるのでしょうか。私も何を言いたいか忘れました。

この記事が、刺さるという方は、妄想家の才能が十分にあります。DMMの映像制作への転職をおすすめいたします。

前置きが、長すぎると弾ける方もいらっしゃると思いますので、さっそく紹介させて頂きます。

 

Hな青春のかけらの本「800:川島誠」

僕は中学の時、陸上中距離をしていていました。

そんなときに出会ったのが、この800という小説です。

高校生になったら、こんなことできるんだぁぁ、はぁあn。

と、この小説を読みながら、”自分磨き”をしていたのを思い出します。

陸上競技の800mという種目はメジャーではありませんね。800は中距離の花形の種目で、ヨーロッパ圏では短距離よりも人気だそうです。800mは「陸上の格闘技」と呼ばれ、肘での攻撃など、ポジション争いが激しいです。

で、どこがエロいんじゃ?と、鼻の穴を大きくされていると思います。

800の主人公が高校生なのですが、飲酒に喫煙、セックスと、興奮しまくりです。笑

高校生の官能事情を知らされるわけですよ。。はい。

競技自体は爽やかですが、描写が緻密です。

「中指の香りが残ったままの青春ランナー」と言ったところでしょうか。

青春というより、性春小説と言ったほうが良いかもしれません。

性描写がえらく具体的かつ、変態的かつ、性活多めなので、お子様の性長には多大な影響を与えること間違いなし!です。。

性春を通ることなく、大人になってしまった全ての大人におすすめです。

 

 

Hなのに、クスッとしてしまう本「バカリズムのエロリズム論」

バカリズムのエロリズム論

この本を読んだ感想が寄せられているので、紹介させてください。

  • 「正直、こんな世界があるとは知りませんでした」(26歳 無職 男性)
  • 「AVのAをVに入れたい、マジ共感するし。」(26歳 無職 男性)
  • 「先輩の第二陰毛ください!」(26歳 無職 男性)
  • 「命ってこんなにも輝くのかぁ、この本で生命の大切さを知らされました。」(26歳 無職 男性)

この文庫本は、完全なHな本ではなく、哲学的なものと思って頂くと理解が速くなると思います。

単なる下ネタの中に、季語や、伏線など、あの手この手で、下ネタに繋げます。

エロリズム

ページをめくるたびに新しい自分になる反面、今までの自分を失ってしまう喪失感まである。1ページ1ページに、凝縮された短い言葉の中に、膨大な自分の経験が重なる瞬間があり、にやにやしてしまいます。自分一人では決して、気付く事のできなかった日常に出会えます。地獄の方がエロい

エロリズム論の中には、直接的な表現は一切なく、隠喩ばかりです。

文才のあるメン

本全体が湿っています。

「好きな男性が何を考えているか分からない」という女性にはもってこいの本です。

 

 

Hな表現のデパート本「官能小説用語表現辞典 永田守弘」

官能小説用語辞典

この本は、「ちくま文庫」から出版されている本です。

“ちくま”ですよ。もう、エッチですよね。“ちくみ文庫”じゃなくて本当によかった。

この、ぎりぎり文庫さんの渾身の編集技術に圧倒されます。

 

この本は、2005年以降の観音小説663冊の中から独特の表現をチョイス!した官能用語辞典です。2300語を集録しており、おまけとして「絶頂表現」が付いています。

 

多分、官能小説って、どこか卑猥で、恥ずかしいと想っていると思います。

しかし、なぜ、現代のYou Tubeや映画など、脳への負荷が少なく手軽に楽しめるものよりも、「官能小説」を読む人が耐えないのでしょうか?

これは、官能小説独特の表現技法が美しく、豊潤だからではないでしょうか。

映画には、思考の余白がありません。

でも、言語は伝えられる情報が限られている分、余白が大きく、その余白を創造する時間が、映画よりも有意義だから、官能小説は消えないのかなぁとおもったりします。

 

辞典なので、文章を書く人しか読む意味がないと思われた方は、恐らく処女でしょう。

すこし、ゲームをしましょう。

今からこの官能辞典を使って、「ある言葉」の比喩を並べていきます。何か当ててみてください。

 

  • 底なし沼
  • 谷底のすぼまり
  • 電気クラゲ
  • 痴肉
  • ラブホール
  • メルティングポット
  • 朱い窓
  • 熱いゼリー

 

「なるほど」とつぶやきましたね。答えは想像におまかせします。

正解は「女性器」でした。

Googleでは、ペナルティを受けてしまう言葉というものがあります。

僕は、全く性的な表現をしない派ですが、必要であれば「朱い窓」や「電気クラゲ」を使う事ができます。ペナルティを受けません。(もし、このページが消えていたら、察してください。)

映像との競争をしてきた、官能小説業界で生き残った強者表現ばかりです。

 

 

Hな表現にメスを入れる本「快楽の動詞:山田詠美」

快楽の動詞

あなたは行為の途中に、「死ぬ」という言葉を使った事がりますか?

じつは、「ない」と答える女性が98%という結果が出ています。(僕の感覚だより)

ですが、男性の書くポルノ小説にはこの「死ぬ」という言葉が連呼されるようです。

僕個人的に行為中の「死ぬ」という表現は、全く違和感がありません。多分、そういう映像作品では頻繁に使われていて、男性にとっては普通ではないでしょか。

でも、実際の現実には「死ぬぅぅっ」は、でてきません。

他にも、「いく」という表現についても疑問があり、実際のどこかへ行くわけでもないですよね。

正確に表現するなら、「いきそう」が適当な表現です。

日本語の性表現は、進行形がないようです。

もし、行為中に「いっています!いっています!」と現在進行形の人がいたら、ぜひインタビューさせて欲しいものです。笑

そして、この著者は、女性の詠美さんの主張ですが、

「女性が「死ぬ」と言っておきながら、死なないのは、嘘じゃないか」という主張をします。笑

女性がずるによって、男性を引きつけているから、嫌いだそうです笑

そして「死ぬ」と、うそぶく女性を好む男性も、きにくわないそうです笑

女性は演技をし、それに気づかない男性。きにくわないと笑

と、、、こんな感じで、当たり前の日本の性表現に鋭く切り込みます。

この本を読んだ跡は、気軽に「いく」とか言えなくなると思います。笑

 

 

 

 

以上、4冊でした。

性に関する、Hな本ばかりを集めましたが、もしかしたら、4冊を読むことによって、性活が、萎縮する方もいらっしゃるかもしれません。

それもまた、趣があって、良いかと思います。

さぁて、私はこれから、

ぬるーリ、れろりと、刹那的な閃光を輝かせるとします!