ミスが多いと落ち込むから仕事変えよ

ミスが多いと落ち込むから仕事変えよ

トップの画像は、コーヒーを粉ごとぶち撒けました。
お湯が手にかかり、「あっつ」と手を避けると、反射的に、コーヒーカップごとなぎ払いました。苦い経験です笑
僕は、めちゃくちゃミスが多いです。そして、毎回へこみます。笑

ミスってどうしてなくならないのでしょうか?
「パーフェクトヒューマン」と「ポンコツ」の違いは何でしょうか?

僕は、ミスが多すぎて、仕事も人間関係も自分も嫌になり建設現場の仕事を辞めました。

そして、へこみ、萎え、鬱屈になり、7ヶ月の無職期間と、4ヶ月のアルバイト生活を経て、現在、別の建設会社でライターとして働いています。また建設。。笑

仕事・私生活共にミスが多くて人生が嫌になった人に、
僕の経験が参考に慣れば幸いです。

ミスの多い生涯を送ってきました。

3度ほど、警察にお世話になった事があります。

  • 信号無視
  • スピード違反
  • 財布を無くして紛失届の提出です。

すべて、業務中の出来事です。
大マジで仕事をしているのですが、なかなかミスが減りません。

他にも、

  • 野菜を戸棚に入れっぱなしで、腐らせたり
  • 淹れたてハンドドリップごとコーヒーぶちまけたり
  • 現場で、間違って人の指を折ったり
  • 自分の指を建築資材で潰したり
  • つま先の上に鉄骨下ろしたり
  • IHのキッチンなのに、ガス用のフライパンを購入したり
  • 水やり忘れて、植物枯らしたり
  • 毎月、請求書の金額間違えたり
  • 日誌の数値を毎日のように間違えて書き直したり
  • シーツを干していたら、どこか飛んでいって紛失したり(リアル「布団が吹っ飛んだ」状態)

他にも数え切れません。わざとじゃないんですよね。本当に。
社長からは、「あなたのミスの多さは異常ですよ」と言われ、「いつでも辞めていい」とまで言われました。

「俺ってダメ人間だなぁ、ポンコツだなぁ」と20歳を過ぎてからの方が泣くことが多かったです。

夏場、3週間ほど戸棚に入れっぱなしにしてレタスが腐った。笑
夏場、3週間ほど戸棚に入れっぱなしにしてレタスが腐る笑。無駄な殺生はしたくないのだが。

「仕事がデキる人」が考えたミス対策は役立たず。

ミスが多い人は、上司や同僚から沢山アドバイスを貰います。

  • 業務の目的を意識しよう
  • 紙に書こう
  • 片付けを習慣化しよう
  • 全体像を把握しよう

そうです。このアドバイスをきちんと実行すれば、いわゆる出来る人になるのです。

でも、できないから、ミスを連発してしまうんですよね。
というか、アドバイスを実行する段階では忘れているんですよね。
アドバイスをもらった上で、すべて実行できればいいですが、そうはいきませんよ。

ミスした時のメンタル崩壊プロセス

自分の指を誤って潰してしまった。

ミスが一度や二度ではないので、「またお前か」と言われます。。。
だいたい、メンタルがやられるパターンが決まっています。

  1. 仕事でミスしたら、申し訳なくて、恐縮します。
  2. すると、自分に自信がなくなります。
  3. 「自信付ける方法」をググります。
  4. 「小さな成功体験を積み重ねよう!」「ベイビーステップを意識しよう」と解決策をゲットします。
  5. 「よし!がんばるぞ」と、すぐに凡ミスを連発します。
  6. お客さん、先輩、後輩の信頼を失い、怒鳴られます。
  7. すると、自分に自信がなくなります。
  8. すると、仕事も自分自信も、人間関係も何もかも嫌になります。

これのループです。

グーグル先生の答えはポンコツには通用しないのです。

ミスが多い人の12の特徴

この特徴は、僕のことなんですが、、笑
実体験なので、かなりリアルです。

  • スピード違反で捕まったことがある。
  • 忘れ物が10日に1回はある
  • 家の鍵、車の鍵、財布をどこに置いたか忘れしまう
  • 鍵置き場を固定しようとするが、その事自体を忘れてしまう
  • 数値の入力をすると間違う
  • 抜け、漏れが多い
  • 仕事が長く続かない
  • 羽田と成田を間違って予約して、到着するまで気付かない
  • 会話でズレた回答をしてしまう
  • 「空気が読めない」「頭(脳みその方)大丈夫?」と言われたことがある
  • 人間関係が続かない(会話がなりたたないときがある、友人に対する興味が薄い、人の話を聞いている途中に別の事を考えてしまう、会話の途中に寝てしまう)
  • 自己評価が低い、自信がない、自己肯定感が薄い

「そんなことあるか?」「わざとでしょ?」という、凡ミス、ケアレスミスをしてしまいがちです。。。。

怠慢やルーズな性格なのかもしれませんね。

パスタをチンしたら熱すぎてぶちまける。少し考えれば分かりそうなものの、、

ミスが多い性質は一生変わらない

大人になってから、自分の特性に気づきました。
上司や同僚の仕事ぶりや指摘されてミスの多さに気づきました。
正確さ、精度を求められる仕事は、特に難しく、チェックを3回やってもミスしています。もう、数字を沢山入力する書類って、全然終わらないんですよね!笑

もう、変わらないなぁと思って、自覚するしかないです。
そして、周囲に「仕事できないやつ」と認知してもらう方が業務全体として進むので、上司や後輩にお願いして頼るしかないです。

 

仕事のミスを減らす唯一の対策は「適職に就く」

仕事によっては、凡ミスが命取りになる職種があります。

対策は、もう適職に転職することです。

僕の場合は、建設現場仕事で、重量物をクレーンで吊って指定された場所まで下ろし、移動する仕事をしていたのですが、、注意力がなさ過ぎて、どこそこブツケて脛はアザだらけでした笑

また、クレーン作業中、自分のつま先の上に、鉄骨を下ろしたことがあります。
人や構造物にぶつからないよう注意していたら、自分の足の上に鉄骨が載っていました。つま先に鉄板が入っている靴だったので、大丈夫でしたが、クレーンのオペレータさんも満面の苦笑いでした笑

時代が時代なら死んでいたでしょう。戦争中に産まれなくて本当に良かった。

というわけで、建設現場仕事を続けていると「いつか誰かの不意に殺してしまうかもしれない」と思い、現場の仕事を辞めました。
結構会社にも迷惑掛けてしまい申し訳なさもありましたが、犯罪者になるよりかマシですよね。

もしかしたら、「逃げ」だと言う人がいるかもしれません。楽な方に逃げて、流されているだけかもしれませんね。

確かに、1つの仕事を継続することによって、ミスは減って行きますよ。

でも、ミスが命取りの仕事で失敗はできませんよね。
お客さんも会社も誰も得しません。ミスばっかりする人間に重要な仕事は任されません。それでいいじゃないかと思います。
ミスがある程度許容される仕事も沢山あります。プログラマーとか、広告作成とか、ライターとか。多少間違っていても、後で改善すれば、最悪誰かが死ぬことはありません。


「頑張れば何でもできる」なんて、誰が言ったのでしょうか?

ミスが多いのは、自分自身が一番身に沁みて分かっていると思います。

特に、以下の仕事は避けたほうが無難だと思われます。

  • 医療の現場(投薬量、数値を誤れば患者さんが死にます)
  • 建築現場(思考の瞬発力が求められ、各業界で業務上致死が一番多い)
  • 経理等、数値を扱う仕事(1つのミスで積み上げてきた会社の信用をモロ失う)
炊いたご飯を忘れて腐らせてしまう。赤飯ではない。どうしようもない。

ミスが多い人の適職

裁量が大きい仕事・クリエイティブに就くと良いと言わています。

  • 製品開発
  • デザイン(パッケージ、イラストレーター、ロゴ、ウェブサイト等)
  • システム開発
  • 建築士
  • 編集者(雑誌、テレビ、ラジオ)
  • 研究職(大学教授、)
  • ライター(紙、Web、広告、商用、マニュアル作成)

アイディア・発明は、「既存のものの組合せ」と言われています。

  • ハンバーグ+パン=ハンバーガー
  • オタク+恋愛=電車男
  • 携帯電話+パソコン=スマホ
  • 原子の周りの電子は、星の公転から発想された

などなど。

仕事中に別のことを考えてしまうなら、いっそのことその特性を活かそうという発想です。

開発や研究は、失敗前提で数を沢山だして、より良いものにして行く業務です。

 

ライターなら、失敗しても誰も死なないよ

現在、僕は建設会社でライターとして雇用してもらっています。
(ブログ経由でお問合せを頂き、就職できました。ブロガー人口増やしましょう。)

過去の現場での、失敗経験が活きますし、現場にでて事故に怯えなくてもいいですね。誤字があっても、自分が恥ずかしいだけで、リライトすれば致命傷にはなりません。

現場に出るよりか給料は下がりますが、「やりがい」とか「継続性」の方が今は大事だなぁと思います。

と、こんなポンコツに言われても説得力ないですよね!笑