一流の条件

一流の条件

どうやれば、一流になれるのか?

各国で、競い合うように、研究が進められてきました。

トップレベルになれる人と、なれない人がいる。

その違いはなんなのか?

今の現時点での、私の思う、一流の条件にについてまとめてみました。

これは、木坂健宣さんのセミナーをまとめたものです。

  1. 必然性
  2. 意志力
  3. 有意味化
  4. ルーティン化
  5. ディティール

この5つの要素が、一流の必要とされることのようです。

3流と1流の違い?

この、違いが明確に出ている研究があります。

ヨーロパの音楽院での研究です。

いろんな地域から、「一流になって、音楽で食っていく」という人が入るようなところです。

みんな上手はあたりまでですが、努力するのが当たり前の世界です。

しかし、トップ中のトップでも違いは出てくるのです。

それは、2つの時間です。

  1. 総練習時間
  2. 一人で練習に打ち込んだ時間

結局、どれくらい練習したかというところですね。

これは、朗報ですね。

人よりも沢山練習すれば、いいんですから。

でも、そんなに、甘くないですね。

なかなか、継続できないわけですからね。

一流になるために必須の5つの要素

だからこそ、最初に話した5つの要素が必要になって来ます。

一流の条件1:必然性

この練習をすれば、この能力が伸びる、ここがうまくなる。

論理的に、こうすれば、こうなるという、確信のもと、練習を

スタートさせています。

一流の条件2:意志力

成長は、自分ができない事を乗り越えることでできます。でも、できないことを、やるのは、とてもストレスですよね。

だから、意志の力によって、自分の根性を叩き直す必要があります。

意志力は、筋肉と同じような性質があるとされています。

使いすぎると、疲弊してうまく機能しなくなります。

ですが、回復すると、より強くなっています。

意志力の総量を増やすことと、

日々の生活の中で、意志力を減らさないく不空を、自然と身に着けたのが一流です。

一流の条件3:有意味化

フィギアスケートで金メダルを2つ持っている、羽生結弦選手は、

リンクに上る前に、監督に、催眠術のようなものを掛けられる。

頭の周りにゴムバンドを巻いて、監督が、ゴムバンドを降る。

羽生結弦は、それを目で追っている。

全く意味不明だ。彼らは、それを真剣に試合前にやっている。

また、ハンマー投げの、室伏広治選手は、

一日中、猟で使う網を、投げては、回収して、投げては回収して。

を繰り返していたらしい。

なんとなく、室伏選手がしているから、効果ありそうだけど、

普通のおっさんがやったら、本格的な猟だ。

全く、砲丸穴投げとつながらない。

だから、意味付けを行うことが必要だ。

自分の行動に、意味を見いだせなかったら、続けられないだろう。

一流の条件4:ルーティン化

これは、意志力を使わないですむ。

初動、何かを始めるのには、すごいエネルギーを使う。

だっから、習慣にしてしまえば、高いエネルギーを保持できる。

嫌なことでも、残った意志力で乗り切れる。

一流の条件5:ディティールにこだわる。

音楽院の研究では、1流のグループほど、

「練習がしんどい」と行ったそうだ。

3流の人たちは、

「楽しい、面白い」と楽しんでいたそうだ。

この違いは、細部にこだわっているかどうかだ。

自己満足で、楽しむだけ、では、どうやら、1流には、敵わない。

一流は、自分の中に、理想のものを持っている。

1音かもれない。

理想の1音と、自分が出した音の差に気づけるのだろう。

そして、なかなか簡単に、理想の1音が出ないことに腹をたて、イライラするのだろう。

この、葛藤の過程があるかないかで、1音が全く違うものになるというわけだ。

まとめ

とは言ってみたものの

別に、一流になる必要なんて無いです。

本当に一握りの人間が、一流になれるのに、こんなに沢山の人間がいるのに、

一流を目指す必要性が、今の僕には、見つかりません。

だから3流なのでしょう笑

一流を、目指す必要がないと言いながらも、

一流になってみたいと願う自分もいる。

これが、理想と現実の差を埋める作業なのだろう。

もう、話が硬すぎて、眠ってしまった読者さんもいると思う。

一流の枠は、かなり少ないだろうね。