ウケる日記

ウケる日記

日記は、人に読ませることを前提に書いていません。

でも、WEB上で公開すれば、必然と読まれます。

水野敬也さんの「ウケる日記」では、すごくプライベートな性の話を展開しています。

なぜ、薬局にテンガが、繁栄しているのか、、、、というところから、

テンガを買ってみることになった。

そのとき、スタッフさんの顔が頭をよぎり、6個買うことになった。

すると、店員さんが、

茶色の紙袋で

1個1個テンガを丁寧に梱包、

テープでしっかり閉じて、

黄色い袋でまとめる。

という、周りのお客さんの注目を集める一種のショーみたいになっていた、、、笑

笑っちゃいますよね。

もう、すんごく、面白いんです。

多分、この本を読んだだけで、笑いのエッセンスが学べると思います。

この1冊で、すべてを学ぼうなんてアマちゃんですが、

何か、「笑いの1冊」を勧めてと言われれば、間を置かずこれでしょう。

という訳で、

3つの観点から、「ウケる日記」を分析してみました。

  1. 表現
  2. シモネタ
  3. 日常の楽しみ方

1、水野てんてーの表現

やっぱ、いろんなものを見て、抽象化と具体化を繰り返したら、このような表現が出来るようになるのでしょうね。

そうそう、その感覚なんよー、というあるあるネタのような、隠喩が好きですね。

腰の折れ具合が、茹でたてのエビ

エロいことしか考えていない→全身エロの金太郎アメ

2シモネタ

水野先生といえばシモネタ。と言われるほど、世界的に有名です。(適当ですけど)

3ページおきに、オナニー、てんが、アウトプット、マスをかく、といったワードが登場します。

しまいには、3Pの深いい話で、ちょっとほろっとしてしまいます。

この3Pに関しては、安易にシモネタのくくりとしてしまっては、失礼にあたる気がしますが、表面だけを話すには、こうまとめるしかなかったです。しっっっけい。

女性は受け入れられないと思いますけど、「男子ってアホよね」が濃縮して析出しています。

速く、それらのワードがこないかな、こないかあーと、待っている自分がいます。

ページをめくる速度が速くなるのは、このテンポ?というかティエンポをいうか、、が良いからでしょうね。

3日常を切り取る能力者

多分、ワンピースにもいづれは登場すると踏んでいます。

尾田先生、水野先生をよろしくおねがいします(どの立場からやねん!)

もうね、本当に、すごいんですよ。

ネタが、

ポスティングのチラシ、ポスティングと戦う

アパレル店員を信じ続け、タイトな服を買う、信じて買う。

りんごジュースの中の小さな虫を、助けた物語

すき家で、盲目の方との勉強

などなど、あまりにも有名です。

普段、何気なく起きていることを注意深くみて、自ら積極的に飛び込んでいますね。

その姿勢も学ばないと行けません。

まとめ

最後に、バランスが良いです。

自己評価が低いのかなと、一瞬思うけど、有名ブログの運営会社CEOに、売り込みしてたり。。

ビュッフェに行っただけなのに、(自分みたいな人がビュフェとかすみません)とか笑

でも、情熱大陸の出演狙ってたりとか。

いいですねー好きです。

また、ちょうどいいんですよー

自信家過ぎたら、なんだよ偉そうに、てなるし

劣等感丸出しだなら、卑屈すぎて、読む方までダークサイドに落ちそうですよね。

でも、水野てんてーは、読んでいて、気持ちよくなります。

秋は、読書。

水野てんてーは、

すべての変態ヒエラルキーの、頂点です。