【熊本弁漫才4】バンペンズ「中途半端」

【熊本弁漫才4】バンペンズ「中途半端」

 

 

ひろ:どうもーバンペンズですよろしくお願いします~

 

たけ:よろしくお願いします~

 

ひろ:なんだよ、その挨拶は!

 

たけ:なんだよって、普通だよ。

 

ひろ:よ、よろしく、おねがいします~~~(ひょろひょろ声)

 

たけ:そぎゃ~ん、やっとらんて。

 

ひろ:もっと、シャキッと行くばい!だけん、お前はいつも中途半端たい。

福岡行ったり、佐賀住んでみたり、結局福岡おったり。

 

たけ:別によかろ!?どこが中途半端と?住む場所なんて、みんな変えとったい。

 

ひろ:そぎゃん言うばってん、腹決めてさ、一つ事ば突き詰めて行った方がかっこよかろ?

イチローさんとか、半沢直樹さんとかさ、かっこよかろーが。

 

たけ:なーん、「倍返しだ!!!(ヘタクソなモノマネ)」のどこがカッコよかとな?

 

ひろ:ぜーんぜん違う。半減沢直樹さんになっとるわ!

替われ、俺にさせてみ!!

 

たけ:よかて、変わらんて。

 

ひろ:「35億!(ブルゾンちえみ調)、倍返しだ!!!!(後半は半沢調)」

 

たけ:それー!あんたが一番中途半端たい!笑

 

ひと:私が「3/4沢なおみ」だ!!

 

たけ:半沢じゃなくて!笑

へへへへ笑

それは、参った~反則やて笑

半沢じゃなくて、1/4沢、足して、3/4ね笑

ちょうどいい塩梅みつけたね。あんた面白くなったたい!!

 

ひろ:まぁ、それはよかたい。

 

たけ:あんた、切り替えだけは早かね。きゅーーに冷めるもん。

 

ひろ:な~ん、ばってん、俺も熊本ば出ようと思う。

 

たけ:ばっ!!!あんだけ俺ばバカにしよったとに。信じれられん。

 

ひろ:そぎゃ~ん、鳩が「鳩鉄砲」食らったみたいな顔せんでよかたい。

 

 

たけ:おい、まてまて、「豆鉄砲」だろう!なんね?鳩鉄砲て?

鉄砲に鳩が詰まっとるじゃなかね。どこの郷土料理やろかぁ~

 

 

ひろ:お前、笑っとるばってんな、、、、ちゃんと理由があっとばい!

 

 

たけ:おお、なんな?

 

ひろ:猫が猫パンチするだろう?

 

おお、

 

ひろ:それと同じ原理だ。

たけ:ぜーんぜん、意味分からん!!笑

あんたが一番中途半端!!

 

ひろ:もういいよ、俺が中途半端たい、はいはい。ばってんな、最後に一つだけお前に言いたいことがある。

 

たけ:なんね?

 

ひろ:いままで、漫才してこれたのは、お前がおったけんたい。お前と出会って20年になるばってん、ここまでこれてよかったばい。ありがとう。

 

たけ:うん、、、。まぁなぁ。よかけどさ。

ちゃんと、前振りで「最後に一つだけ」て言ったならたい、

「なんかぶっ飛んだ2つのこと」とか、「ありがとうまでは、言わない」とか

中途半端なことせえーーや!!!

 

ひろ:こまかーーーー!せっかく日頃の感謝の言葉ば言ったとに。もう一生言わんけんね。だけん、背も低かままたい。チビ

 

たけ:うるせー、リアルに気にしていること言うなって!!

別にいいけどさ。

なぁ、俺からも最後に3つだけいいたいことがある。

 

ひろ:なんな?

 

たけ:「そのスーツ似合ってる。」

「あと、、、いつもありが、、、、、、、」

 

ひろ:うん、、、ありが、、、

 

たけ:終わり。

ひろ:おわり!?一つ半!?めっちゃ中途半端!もういいわ!!!

 

ひろ&たけ:どーもありがとうございました~!!