【熊本弁漫才2】バンペンズ 「チキン南蛮」

【熊本弁漫才2】バンペンズ 「チキン南蛮」

ひろ:どうも~バンペンズです、よろしくお願いします~

たけ:よろしくお願いします~

どうやら、前回の漫才が、結構、評価が良かったらしく、2回めをさせていただけることになりました、拍手!!!(ぱちぱちぱち~)

ひろ:ぱんっ!ぱんっ!(大きく振りかぶって、平手で、太ももを叩く)

たけ:ちょっと、まって、動作大きっ!!どぎゃんあっとな?

ひろ:アブが飛んどったけん、叩き潰した。

たけ:まって、どぎゃんあっとやて?笑、大丈夫と?

   蚊なら分かるばってん、アブは潰しきらんかろ~?

ひろ:熊本県民はアブを手で叩くとばい!ほら

(油性マジックで、左手のひらにアブが書いてある)

たけ:全国の皆さんが勘違いさすけん、よかて。小細工仕込んどったねぇ~

  みなさん、嘘ですけんね。アブは潰しません。

ひろ:なーん、潰すって!たかし君もりょうへい君も潰しよったばい!

    あれなら、冬美ちゃんは、クマも潰しよったばい!

たけ:まてまてまてって、それは違ぎゃーて!クマはサイズが無理て!

    あと、たかしとか、冬美とか誰―?

ひろ:なーん、クマアブたい!ほら(左手いっぱいに、油性マジックで大きなアブ)

たけ:ははは、それは、反則やろ笑。

   だけん、今まで左手の甲をお客さんに向けとったんね。

   そういう、準備8割のところ、さすがばい!、、、、

たけ:、、、、、、、、クマアブてなんな?あと、なんで太ももで潰すとやて?

ひろ:もう良かけんさ、下通りに飲み行くばい!

たけ:飽きた!? ひろ君! もう、意味わからん。自分のネタが終わったけんて、急~に。

ひろ:たい~ぎゃ喋ったけん、喉が乾いた。もう~我慢できん、今日という今日は飲むバイ!!!(カボスドリンクをポケットからとり出して飲み始める。)

たけ:なーーん、あんた、大分名物カボスドリンクじゃなかね!まーた熊本ば裏切ると?

   いっちょん信じられんたい!

ひろ:いや、営業しよったら、お客さんに貰うけんさ。なん、裏切っとるわけじゃなかたい。

  (と言って、ポケットからチキン南蛮をだして、ためらって、食べ始める)

たけ:おい~~!宮崎名物チキン南蛮~~~!これは、もう熊本県民と言えない~~~

ひろ:お客さんに貰ったけんさ。貰ったもんば、粗末にしたらバチが当たるばい!

(今度は、胸ポッケから、チキン南蛮をだして、一瞬ためらって食べる)

たけ:またチキン南蛮!!!!ビスケットのように、増えていく~~~~!!

   ためらうなら、ポッケいるんなて!笑

  いいけど、別に。あなたがそれでいいならいいよ。衛生的に大丈夫?

ひろ:ちょっと、ホコリぽかった。

たけ:そうやろね。なんか、ひろと漫才すると疲れるわ。俺、上通りに飲み行くわ。

ひろ:なんで、そぎゃんこつ言うと?一緒に、下通りいこ!

たけ:つ・か・れ・るって!いい加減にしろよ。

(と、いって、ポケットから「イカそうめん」を取り出してすする)

ひろ:おまえもやりたかったんやろ~

たけ:自分だ~けするすけん。ずるかもん。俺もやりたかった~笑

ひろ:てかさ、イカそうめんて、佐賀の呼子名物やろ。なんで、タイピーエンじゃなかとやて、

たけ:汁が、、、、、、、、

ひろ:福岡に住み始めて、おまえ、本当変わったよな。

たけ:確かになぁ、、、、、、、、そうかもしらん。。。。。。。。。けどな。

   (と言って、無言で歩き始める、そしてゆっくり歌い出す)

   「子供の頃を~おもいだしーて、う~まーに乗ろうー

ここは火の国、燃える火の国、命育む大地ー

おいしい水や~美味しい空気、いつーまでもこのままで~」

たけ&ひろ:夢と希望を追いかけよう~(ハモる)

ひろ:だ、第54回熊本国体、テーマソング!!

たけ&ひろ:(2人揃えて)未来!!

ひろ:なんこれ笑

たけ:なんだろな、でも、「故郷を忘れない気持ち」って言えば良いのかな。

 (といって、イカそうめんを食べだす。)

ひろ:おい!いい加減にしろ、もうよかばい!

ひろ&たけ:どうもありがとうございました~