【熊本弁漫才1】バンペンズで「秋の例大祭」

【熊本弁漫才1】バンペンズで「秋の例大祭」

ひろ「どーもー、バンペンズでーす。よろしくお願いしまーす!」

タケ「いやー、やっぱり、熊本の方は綺麗な方が多かねぇー。

右から、からし蓮根、からし蓮根、一人飛ばして、ばんぺいゆ」

ひろ「全員に失礼たい!人間じゃなかもん。人様に向かってから、からし蓮根はなかろうもん。あと、ばんぺいゆは、たいがな顔のふとさばい!」

    「すみませんねぇ、舞台なれしてないもんで。」

タケ「なぁ、そういえばさ、なんで、熊本弁の漫才師が、いないんでしょうねー。

「いや、なして、熊本弁の漫才ばせんとやて!」

ひろ「いいよ、無理やり熊本弁にせんで」

タケ「あん、栃木弁のU字ろうおじさんが、流行ったけんが、あぎゃんとにできて、なんで俺らにできんとやて!」

ひろ「U字工事さんディスるなちゃ!ちょいちょい失礼やめろ、お客さんも先輩も見下すなって。」

タケ「よかけん、そぎゃんはりかかんちゃよかたい。きさん小学校の頃から優しかもんな。おいはさ、博多華丸大吉さんに憧れとるけんさ。」

ひろ「そうな、はなまるさんは、九州代表だけんね。」

タケ「だけん、俺も、いつかM1に出てから、優勝賞金で、母ちゃんに軽自動、、、いや、、、ばんぺいゆを3つ贈ろうと思っとるんよ。」

ひろ「なんでケチるとやて!!軽自動車が嬉しかろうもん。お前んち利便性がわるかっちゃろ?むりにばんぺいゆとか出さんでええけん。そぎゃん言うほど、熊本県民は、ばんぺいゆ食いよらんけんね」

タケ「リアルな話すんなて、これでばんぺいゆ農家さんのCMの依頼逃したらどうすっとやって」

ひろ「お前リアルすぎ!!!!!いつからそぎゃん金に汚くなったとや!」

タケ「まぁ、落ち着けよ、秋の例大祭のお馬さんやないんやけんさ。」

ひろ「秋例大祭て、みなさん、わかんないですよね。熊本の秋のお祭りで、馬が街の中を歩くんですよ。」

タケ「知っとって!そんくらい。あんた、今、くまもん様のおかげて、熊本の知名度がどれだけ高いか知っとると?」

ひろ「それ、いつの話やて。いま全く、くまモンは、ミランバ君よ。」

タケ「おい、おまえ、、、、、、、今、なんて言うたかて!」

ひろ「全然くまモンは、ミランバ君て、、、」

タケ「くまもん、、、、、、様だろ!!!!!!!!様を付けろ!!!!!」

タケ「ミランバくんは、サガテレビんキャラやろうがて!なんで佐賀に魂ば売るとやって!だけん、熊本の漫才師が伸びんとやろう!」

ひろ「じゃー言わせてもらうたい。貴様、福岡市にすんどるやろうがちゃ!」

タケ「、、、、、、、、」

ひろ「もうよかけんさ、ミランバくんって、言ってみ」

タケ「ミランバくんっ」

ひろ「な?」

タケ「何が?」

ひろ「語呂がよかろ!」

タケ「いっちょん意味がわからん。もうおまえとはやっていけん。」

ひろ「ゴメンネ、ゴメンネー!!!!」

タケ「熊本、佐賀、福岡!!九州の北部を一周したところで」

ひろ「ばんぺんずでした!バ~イ!」