毛魚と魚毛と魹の違い

毛魚と魚毛と魹の違い

世の中には知らない事がいっぱいあります。毛魚という概念があるなんてしりませんでした。今週のキーワードは「ケ・ザ・カ・ナ」です。

毛魚の概要

世間で大注目を集めた「毛魚」という魚がいます。某チルテレという番組の中で登場します。これが毛魚です。

毛があるから毛魚です。

 

専門家によると、主に、日本海に生息しています。この毛があることによって、荒波に飲まれてもOKということらしいです。寒さ対策も兼ねているそうです。泳ぎはすごく遅いです。毛が水の抵抗を生み出し泳ぎにくくなっています。全く動かない様子と、毛の色が衣色をしていることから、ダイバーの中では

ししゃもフライフィッシュ」と呼ばれます。

英語ではHairy fish、「毛深い魚」と呼ばれます。

お父さんのヒゲアタックみたいな感じでなんか嫌ですね!

 

魚に毛、魹はトド

続いて「魚編」に「毛」ですが、「魹」ですが、「トド」のことです。

英語でいうと、largest sea lion最大の海ライオン

普通に生きているとまず目にすることがない漢字です。

別名「海馬」と呼ばれます。

脳みその、記憶保管庫として、または、遊戯王の金持ちデュエリストとして君臨する海馬として有名です。

 

魹はトドのこと
目は死んだ魚の目のトド

哺乳類だけど死んだ魚の眼になっています。サラリーマンと同じですね。

魹と魚編の割に、魚げないですね。(大人げないと同類の意)

なんか上手いこと言ったみたいに、わざわざ太字にする気持ち、あなたにはわからないでしょうね。

「とどのつまり」の「とど」は?

「とどのつまり」は、「要するに」、「結論をいうと」、「結局のとろこ」みたいなニュアンスがありますよね。

とどの予測変換で、「鯔」という漢字が出てきますよね。

これは、鯔は魚のボラのことです。

ボラが成長するとトドと呼ばれます。ぼらは出世魚です。

ボラは出世魚で、以下のように6段階昇進システムになっております。

段階 呼び名
オボコ
イナッコ
スバシ
イナ
ボラ
トド

どこかの段階で、ブリッコと出てきそうで、ひやひやしました。

「トド」が最終段階です。結局はトド以上の呼び名がないというところで、詰まっています。

会社が成熟して、昇進するイスが足りないと言った感じでしょうか。

これが、「とどのつまり」ということです。

サラリーマンも魚もあんまり変わらないですね。

とどのつまり、課長どまり、部長どまり、というラップ。

 

おそらく、この記事を呼んだ心理学者は、こう言うでしょう。

「頭おかしい、”あ・た・お・か”が今週のキーワードです」と。

みんなちょっとずつ、少しおかしいんですよ。

 

毛魚3

↑青物の毛魚入りました