NESTリミット2を少しだけ改造してみます。

NESTリミット2を少しだけ改造してみます。

nestのlimit2を少しだけ改造しちゃいました。

リミット2は、クロスバイクにしては、初期のパーツが充実しています。ですが、欲がでてくるのが人間の怖い部分でもあります。改造したり、追加したりしたくなります。

初期のパーツのライトは結構、控えめなルーメンです。溜まった鬱憤も攻めのルーメンで、光り散らしましょう!

 

NEST、limit2の初期ライトを交換する

USBライト

このライト↑にしました。ルーメンスが違いますね。

初期のライトだと、深夜のライドに影響してきますからね。ライトぐらいはいいヤツにしようと思いました。

結構眩しくて、歩行者さんが「うっ」ってなるので、普段は下を向かせています。充電が弱くなると、白のボタンが青からオレンジ色に変色して知らせてくれます。明るさは3段階調節可能で、一番弱いやつで3時間はもちます。充電式です。簡単に取り外し可能ですが、逆に盗難が心配です。お住まいの地域によっては、いちいち取り外さないと行けないかもしれません。盗難を心配していますが、結構外し忘れます。誰も取りません。それはそれで、、なんか悲しい。

 

リミット2のボトルホルダーは映える

トピークボトルホルダー

このボトルホルダー↑

全く、インスタ栄えるとか狙っていませんが、つけちゃいました。全く長距離ドライブをしないので、本当に必要かどうかと悩みましたが、気付いたら買っていました。。。TOPEAK(トピーク)は結構有名な自転車パーツのブランドで、黄色い三角のロゴが栄えますね。夏は、セブンイレブンのアイスコーヒーとか、挟んで楽しんでいました。ペットボトルを挟んだことは一度もありません。ボトルの大きさに合わせて、調整可能なツマミがあります。アイスコーヒーのサイズに調整しているので、ツマミは1度しかいじったことがありません。

 

NESTのペダルは、汎用品感があって、変えた

 

wellgo ペダル

このペダル↑

僕が探したなかで、このペダルが、一番がシンプルでカッコ良かったです。値段んも3千チョイでした。ペダルの側端のイボイボがちょうどよく靴にフィットして、走りをサポートしてくれます。長くて10kmくらいしか乗らないですけど、つるつるしている標準装備ペダルより断然走りやすいです。

ただ、ペダルの改造が一番苦労しました。100均のモンキーレンチを使用してペダルを外したのですが、勝手に幅が広がって、ボルトがばかになるんですよ。しかも、左足で漕ぐペダルは逆ネジで、開閉が逆なんですよね。結局怖くて近くの自転車屋さんで変えて工賃1000円払いました。笑

自分でペダル交換する際の必要な工具

  • レンチ(15mm):結構特殊なサイズで、ペダル交換ぐらいでしか、使わないから、頻繁にペダル交換する人以外は、必要ない。モンキーレンチ(ツメの幅が調整可能)はペダルの幅によっては入らないやつもあるので、注意が必要。
  • グリス(潤滑用の油)

 

 

あと、注意点として、

左ペダル(左足で踏む方)は、逆ネジ(反時計で締り、時計回りで緩む)
 

 

 

いかがでしょう。

「使わないボトルホルダー」と、「無駄に明るいライト」、「無駄にかっこいペダル」。クロスバイクを改造してみたくなったのではないでしょうか?

 

こちらも関連記事です↓どうぞ

NEST(ネスト)のリミット2は最高のコスパバイクですよ!【買っちゃいました!】

NEST(ネスト)のリミット2は最高のコスパバイクですよ!【買っちゃいました!】