コンビニのレジで、、金額が違う⁉女店員さんとの心理戦の末

コンビニのレジで、、金額が違う⁉女店員さんとの心理戦の末

仕事のお昼休みに、北九州のローソンに寄った。

オレンジティーと、おにぎり2つをレジに持っていき、Lチキ1つ注文した。

店員さんは、可愛かった。マスクをしていたが、名札の写真で顔がよくわかったし、目元もキュートだった。

すぐに、バーコードを読み取り集計してくれた。集計をしてから、Lチキを取りに行った。手際もよく、お手本のような段取りだった。

店員さんは、

「580円です!」

と目は合わせてくれないが、元気な声で教えてくれた。

すると、レジの表示には

579円

と表示されていた。

「むむっ」と思った。

これは、何を意味しているのだろうか。

意味が分からない。

ということで、今回は、この現象の意味を考えたい。

だいたい、男のくせにオレンジティーを飲むなよという暗示

ダイレクトに「オレンジティーを飲むな」と言っては角が立ちます。

ということで、1円多く払わせることによって、心のわだかまりを意図的に作り、もやもやさせる作戦だったと考える事ができます。

いや、できませんね。

切り上げてみた

579という数字は、きりが悪いです。

素数であればもっと、盛り上がったですが、因数分解できました。

193×3です。なんか悔しい。

確かに、600円まではやりすぎている気がします。それは、さすがのあんたでも気付くでしょうと。。

だから、切り上げる場所を控えた。ちょうどいい塩梅が580円だった。。。ということです。

そうでしょう?ちがいますか?

1円すら惜しい

実は来月から、グアムに旅行行くんですよ~

というノリで、一人から1円ずつ巻き上げれば、一日200人接客したとして、

200円、30日ずっと働いて、6000円になる。

という計算ですね。

絶対違う。(笑)

あなたを引き止めたい

相手の注意を引くには、「意外性」が大切です。

シンデレラがガラスの靴を落としたように、

ローソンでは、1円を店に落とす。といったところでしょうか。

こういう話なら、オレンジティーがいい味出しています。

甘酸っぱい話ですからね。

いやー、もうこれが正解でいいんじゃないですか?

ドッキリ!?

ローソンぐるみで、ドッキリかもしれません。

確かに、監視カメラも沢山あったし。

コンビニなら、自然に撮影できますもんね。!!

な、わけないか。

まとめ

正解は、大した意味はない。でした。

しかも、クレジットカードで払いました。

嫌な大人になったものです。

何か、物語が始まる予感がしても、飛び込む勇気がなければ意味はないですね。