ナンパの声掛けで使える10のフレーズ

ナンパの声掛けで使える10のフレーズ
  • ナンパしてみたいけどなんて声かけたらいいかわからない
  • 声を掛ける、きっかけがほしい
  • 田舎から出てきて、右も左もわからないけど女の子が可愛いんじゃ!
  • なーーんかそわそわする
  • 大人になると出会いがない

と、もじもじしている子猫系男子どもに、この記事を捧げる。

筆者も5回ほどナンパしたことがある。そして、実績として

  • カラオケに男女2対2で行く
  • 1人の連絡先をゲット

できました!

なんて声掛けるかも大切ですが、それまでの「戦略」も大切です。この記事を読めば、連絡先をゲット・カラオケ権ゲット!声掛けの概要を知ることができるはずです。

先輩と2人でナンパした体験を記事にしました。

それでは、いきましょう。

戦略

ナンパは根性と勇気がいります。気合と数の勝負。感覚値として、100人声掛けて5人くらいが、反応する感じです。

女性からすると結構、声かけられたら怖い、でも声を掛けられる事自体は嬉しいようです。戦略と言うよりは、根性です。笑

とにかく、やりながら修正するしか近道はありません。

注意事項

男女関係なく、知らない人に、いきなり大声で話かけられると怖いです。

存在を知らせるために、正面や横から声を掛けるのがベターです。後ろからは怖くて振り変えれないです。

服装は清潔感ある服で、髪もパリッとしましょう!あとは、元気よく、なよなよしないこと。

ようやく本題です。

ナンパの声掛け10選

「おねぇさん!じゃがりこ落としましたよ!」(ガラスの靴だとロマンティック)

止まってる人に、横から声を掛けるのがベスト。

お姉さん!ガラスの靴落としてませんか?

じゃがりこから始まる恋。できればガラスの靴がいいですが、なかなか売っていない。なぜ、じゃがりこなんだ。

「足元、地面になっておりますのでご注意ください。」

確実に、ひと笑い欲しいときってありますよね。ないか。ほぼ取れます。が成果にはほとんどつながらないでしょう。

「あ!長澤まさみ(ガッキー、榮倉奈々)さんじゃないですか?」

本人が、本当に自分でそう思っている芸能人、目指している芸能人がベストだ。

ただ、それは、初見で当てるには、かなりの経験が必要だ。数が質に転換する。

これは、正直難しい。うまくいったことがない。

「小栗でーーす!」(自分に似ている芸能人の名前)

これは、自分の顔の特徴を知らないといけない。上手くイケば、笑いを取れて、会話につなる。というより、知っている人間の名前を出されたら、他人の注意を引くことができる。

「ちょと、ちょっと逆に、カラオケ行こうよ」

一瞬、「どの辺が逆なの?」と心の中でツッコミを入れて貰えるはず。

ツッコんでいる自分に、逆に笑ってしまう。

複雑な笑いが逆に良い雰囲気をかもし出す。

「あれ?このあいだ夢でお会いしませんでしたか?」

100%「してません!と言われる。断られたら、、、

「ちなみに夢の内容は、言えません。」(「別に、聞いてません」といわれる)

冷たい。もう帰ろう。ってなる。

「おねぇさん、パンケーキとモツ鍋どっちがいい?」

食べ物は、バージョニングしてもいい。福岡ならモツ鍋だろう。この食材の振れ幅を楽しんでほしい。

「練り飴」と「たこ焼き」(大阪なら)

「サータアンダギー」と「スーラタンメン」

「ボルシチ」と「ぺスカトーレ」(外国人さんなら)

要調整だ。

「控えめに言って、愛しています、よろしければ、控えめに草スキーでもいかかですか?」

多分誰も、草スキーはいかないだろう。

「では、スターバックスならいかがですか?」

こう言われたら、断ることの方が難しいでしょう。

「スターバックスならいかがでしょうか?お前のおごりで。」と付け加えれば、オラオラ系が好きな女子はイチコロだろう。(な、わけないぞ)

「ねぇ、どうして俺と目を合わせてくれないの?そんなに眩しいかい?それとも不快?それとも俺とお茶会?いぇーーーー。」

片膝ついて、両手を広げて、ピストルハンズをしてください。

ナンパかよ、、、と思わせといて、ラップでしたーという小芝居ナンパだ。

本当に、暇な人には、付き合ってくれるかもしれない。

「すみません、一発ギャグとLINEIDを交換しませんか?」(トレードオフ作戦)

これが、社会人としては、一番マナーが良い。

労働の対価として受け取れる給与。という資本主義の原理に従っている。

働かざるもの食うべからず。

まずは、笑いの提供からだ。

まとめ

いかがだっただろうが。まともな回答はなかったと思う。笑

雨に濡れた子猫達は、無事に大人になれたのだろうか。

何よりも、成果を気にせず、街の一部となり、女子をエンジョイさせることに務めるのがベターだ。夏はもう始まっている。検討を祈る。